広告運用のソリューション

こんな問題を抱えていませんか?

広告の成否は、運用ノウハウ次第

昨今、インターネット広告の主流は検索連動型広告(リスティング)をはじめとしてレコメンドエンジン、アドネットワーク(DSP)などの運用型広告にシフトしています。これらの多くは、クリックに対して料金が発生する「クリック課金式」である為、本来は効率の良い集客活動が可能であり、費用対効果を最も発揮しやすい性質であるといえるのです。

engine

ところが実際にはどうでしょうか。

「それなりに予算を投下しているのに効率的な成果が得られない」
「同業他社が実施しているので、実施しない訳にはいかない」

などの状況に陥ったまま、実施だけを継続しているケースも多いのが現実です。
このような問題が発生してしまうのは「運用の方法を間違えている」からであり「効率的な運用ノウハウを持っていない」事が最大の原因です。

失敗する最大の原因

陥りやすい失敗の原因は、クリック単価(CPC)の低さを最も重視するあまり、入札金額の運用に終始し、本来必要なコンバージョンから逆算した運用効率を優先していない点があげられます。
広告を運用する本来のゴールは「最も安価にコンバージョンの獲得を実現」する事であり、「安価にクリックを集める事」ではありません。
クリック単価に固執した近視眼的な思考では、永遠に効率的な運用はできないのです。

operation

フロンティアのコンサルティング

株式会社フロンティアではコンバージョンに向けて「最も適した」「最も安定した」運用構築を実現します。
お客様のサービスや商品によって、コンバージョンまでの獲得単価は異なりますが、フロンティアでは、お客様のご予算に応じて推奨投下額を割り出し、常に最適な運用を行います。

Strategy 1

露出先(エンジン)の選定

獲得単価を重視した入札設定

市場ボリュームを考慮した、ペルソナ構築と漏れのないキーワードの抽出を行い、クリック単価の高低ではなく、あくまで獲得単価を重視した入札体制を構築。

豊富な実例に照らし、獲得効率の高いエンジンを中心とした運用を実施。

Strategy 2

入札単価の調整

各クリエイティブ毎に最適なコストへ調整

「露出されやすいクリエイティブ」「コンバージョンされやすいクリエイティブ」「それらの中間クリエイティブ」毎に、投下すべき最適なコストを算出し、お客様の継続的なビジネスをお支えする視点で立案した戦略的な入札を行います。

Strategy 3

獲得効率の向上を図る

獲得単価の調整

リンク先に該当するランディングページの改善トライアルを随時行います。獲得効率の向上を重ねてコンバージョンまでの最適な導線化を図ります。

掲載クリエイティブと一貫性のあるランディングページ制作を追求し、申込率安定化と向上を目指す。トレンドの変化とユーザー側の“スレ”も考慮して、継続的にトライアルを重ねます。

Strategy 4

獲得単価の効率化を確立

除外クリエイティブの選定、全体のブラッシュアップ

的確な獲得単価を分析し、利益率の向上体制を確立する。

お客様のビジネスモデルに合わせた獲得単価を設定し、投資対効果を重視した広告展開を行う。

お客様のニーズをヒアリングしフロンティアのノウハウを最大限に発揮

フロンティアは日々の運用結果について、可能な限りお会いさせていただいた上で、進捗のご報告を行っています。

report

お客様のニーズを的確に把握し、運用方針や運用ノウハウに対して完全にご理解を得て実施いたします。
ご不明な点などヒアリングさせていただき、今後の運営方針を決定いたします。

まずはお気軽にご相談ください。
御社広告展開の問題点を洗い出すところから、お手伝いいたします。