社員インタビュー

環境は会社が整えてくれる、目の前の仕事に集中できる

k-toyoshima

自分はもともと器用なタイプではないので、人一倍粘り強く、努力は重ねています。
フロンティアは研修からスクリプトロジックまで、簡潔ながら新人教育システムがよくまとまっている。なにより独自のソリューションと、先輩から受け継がれた無形のノウハウに強みがある。これで業績を上げられないとしたら営業マンである自分に責任があると素直に思えるし、努力するにもただの根性論ではなく、前向きに改善策を探すことができる。もちろんプレッシャーも大きいですが(笑)

k1

目標はイージーではありません。しかし仕事の基礎をマスターしてからは裁量も大きく、かなり自由にやらせてもらっています。指示待ち人間には、むしろ辛いかもしれませんね。いずれ自分でビジネスを動かしたい人や、飽きっぽい人にはフロンティアの社風は合うと思う。
不得意分野もあり、クライアントにご迷惑をお掛けした時はとても凹んだ。改善の努力も続けている。しかし「強みを伸ばす」のがフロンティアの考え方。個性で、勝負できる。

k2

雑務に振り回されて意識が散漫になったり、仕事に集中できないことも時にはある。成果で表現したいのにできなくて、先輩に厳しく叱責された時は反発心も出たし、辞めたくもなった。でもいまは感謝している。本気で言われなければ、どこか深いところで舐めたりサボったりする自分もいる。人間は本来、だらしないものだから。
仲間と一緒に働くのは楽しい。先輩にしてもらったように、自分の後輩達にも本気で向き合っていきたい。


仕事を任されるから、やりがいも楽しさもある

s-okuzawa_edited-1

大企業と比べて若い時から責任ある仕事ができるというのは、よく言われる中小企業の魅力ですが、フロンティアはまさにその通りの会社ですね。私は新卒入社直後から、新規事業の立ち上げに関与させて頂きました。自分と事業とが一緒に成長してきたから、ご提案しているソリューションが自身の一部のように愛しい。クライアントにも自信を持っておすすめできています。「先入観の無い、若い人の方が合うはず」と託された時は不安もありましたが、それ以上にやる気が出ました。

s1

クライアントへのご提案方法について「相談させてほしい」と先輩に言ったとき「せめて自分の考えを先に述べるべき」と返され、ハッとしました。受け身になっていた自分に気付いたんです。自分の意思で働き方をアレンジできるのがフロンティア本来の魅力のはずが…そもそも受け身な姿勢が、クライアントにも伝わっていたのかなと思いました。日々、進取の気持ちを忘れないようにしています。

s2

広告・PRの業界に華やかなイメージを持たれる方も多いでしょうが…実態は泥臭く、クライアント満足を追求するサービス業です。それでも時にはクリエイティビティが刺激される現場もあって楽しいですね。商品撮影やインタビュー取材など、ベテランスタッフに囲まれたクリエイティブの現場では、普段とは違う脳をフル回転させています(笑) あとはなにより電話一本から世界が広がること。わたしのような若輩者でも、大手メーカー様の広報のお手伝いができたりする。それはやはり大きな充実感があります。