トップメッセージ

業者からパートナーへ

topm

平素より、株式会社フロンティアをお引き立ていただき、厚く御礼申し上げます。

弊社は「インターネットを通じて21世紀を創造する」という企業理念のもと、永続的にお客様から選んでいただくべく、我々の価値観として「業者からパートナーへ」(完全顧客主義)を掲げ企業活動を行っております。

2008年の米国サブプライム・ローン問題に事を発し、2008年以降のリーマンショック、更に東日本大震災の影響から続いていた不況感の中、電通が発表した2015年度の国内広告総額は、6兆1710億円となり、2012年以降、4年連続して上振れする結果になりました。

中でも弊社が主力としておりますインターネット広告媒体費は、対前年比で11.5%増となり、今後も変化を伴いながら、比較的堅調に推移するものと思われます。とはいえ、2014年4月の消費増税以降の買い控えにより、消費マインドはネガティブであり、国内経済化においては「個人消費の萎縮」が続くと推測されますが、弊社ではこのような環境をチャンスと捉え、お客様の多様なニーズに迅速にお応えすべく「21世紀の消費経済活性化」に貢献し、社会の一翼を担っていきたいと存じます。そして貢献の場を広げるべく事業拡大を目指し、社会からその存在を望まれるような、グレートカンパニーを目指して参ります。

今後とも、より一層のご支援ご協力を賜りますよう、心からお願い申し上げます。

2016年4月
代表取締役 小海俊朗